自由英作文添削コース

contents

自由英作文は、7割以上の国公立大学で出題され、配点が10%~40%と無視できない程重要です。
しかし、自由英作の書き方は習得しにくく、対策が難しいものです。
書籍や大手予備校でテーマ毎の「攻め方」を学ぶのですが、それだけでは十分とは言えません。
自分の書いた答案を添削してもらうのが、一番効率的な学習方法でしょう。

てんさく部屋では、1つの答案に対してネイティブ添削に加えて、日本人講師も添削する「ダブル添削システム」を採用しています。
また、各講座はテーマ毎に構成されるため、自然とテーマ毎の書き方を習得してもらえることでしょう。
さらに、添削語数が圧倒的に多いのも特徴です。これで自由英作対策もバッチリ!

動画での解説も公開中

自由英作文出題大学

【国公立大学】

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 東京大学
  • 東京外国語大学
  • 一橋大学
  • 筑波大学
  • 名古屋大学
  • 金沢大学
  • 富山大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 神戸大学
  • 九州大学
  • 筑波大学
  • 新潟大学
  • 岡山大学
  • 広島大学
  • 愛知教育大学
  • 愛知県立大学
  • 旭川医科大学
  • 岩手大学
  • 大阪教育大学
  • 小樽商科大学
  • 香川大学
  • 鹿児島大学
  • 北九州市立大学
  • 京都府医大
  • 高知大学
  • 神戸市外国語大学
  • 公立はこだて未来大学
  • 国際教養大学
  • 札幌医科大学
  • 滋賀医科大学
  • 静岡大学
  • 静岡県立大学
  • 島根大学
  • 電気通信大学
  • 東京農工大学
  • 名古屋市大学
  • 浜松医科大学
  • 兵庫県立大学
  • 弘前大学
  • 福岡教育大学
  • 福島大学
  • 宮城教育大学
  • 宮崎大学
  • 琉球大学
  • 秋田県立大学
  • 宇都宮大学
  • 埼玉大学
  • 都留文科大学
  • 東京学芸大学
  • 長崎大学
  • 奈良教育大学
  • 福井大学
  • 福井県立大学
  • 山口大学

【私立大学】

  • 早稲田大学(政経学部)
  • 慶応義塾大学(経済学部)

など

各大学出題傾向

てんさく部屋を受講した人が受験した大学の内、特徴的な5大学の出題傾向を紹介します。

【国公立大学】

京都府立医科大学
出題形式
比較的自由に発想できるテーマに対して、自分の意見を説明する形式。2019年度は、従来の150語程度から200語に増加した。日本人の幸福感に対する推察などがテーマとなった。
アドバイス
どういうわけか「てんさく部屋」は、多くの医学部志望者に利用されています。医学部の自由英作は150語~250語程度が多く、医療系の内容から京都府立医科大学のように一般的な内容まで様々です。受講者に見られる傾向としては、文章構成は見事だが、英語の運用面で細かなミスを繰り返す人が多いようです。内容を吟味した上で、一気に書き上げるからでしょうか?書き上げた後に他の問題を解き、その後自由英作を見直すと自分でミスに気付きやすくなるでしょう。
東京外国語大学
出題形式
資料を参考に英語の説明を聞き、その内容を200語程度の英語で要約する。さらにその説明の内容に関する質問が与えられ、それに対する意見を200語程度の英語で展開する形式。意見を述べる形式の自由英作文の語数が2017年度までは250語であったが、2018年度以降は200語に減少。
アドバイス
東京外国語大学志望者は、毎年のように「てんさく部屋」を受講してくれます。皆さん、意見を述べる200語の英作に苦しむようです。
要約と合計すると400語に及ぶ英作文なので、できればセンター試験前から自由英作の練習を始めておきたいものです。
200語の英作に関しては、文章構成を習得するのに複数回の練習を必要とするようです。自分の考えを整理して3~4段落に分けることが重要です。最初と比べると見違える程良い文章になる人がいます。
一橋大学
出題形式
ここ2~3年はテーマに対する意見を述べる問題、写真を説明する問題、特定の状況に適した手紙を書く問題等、様々な形式の自由英作文を課す。2019年度は写真を説明する問題が出題された。語数は100語~130語程度。
アドバイス
初期の段階ではミスの少ない短い英文で指定語数を埋めることに終始してしまうようです。しかし、架空の話を展開する際には、思いついたことの羅列ではなく、一貫性のある文章になるよう、文章構成に気を配る必要があります。文と文、段落と段落をつなぐ接続詞関連語句が重要な役割を果たすでしょう。

【私立大学】

早稲田大学(政経学部)
出題形式
1つのテーマが与えられ、それに対する賛否を2つの理由を付けて述べる形式。15分程度で書くべきとの注釈がある。2019年度は「日本の大学生は少なくとも1学期は留学すべきである。」が出題された。他大学でも類似の問題が出題されている。
アドバイス
15分で100語程度の段落を書くためには、スピードの訓練が必要です。過去問に取り組む時には、時間を計りながら書きましょう。「てんさく部屋」の受講者も講座後半では15分を意識してもらっていますが、内容にこだわり過ぎると時間が不足するようです。書くべき2つの理由を短時間で考えた上で、それらをサポートする例やデータを加えながら、ミスの少ない文章を書くことを心がけましょう。また、仮定の話を展開することが多いため、動詞の時制に関する一貫性が求められます。
慶応大学(経済学部)
出題形式
読解問題に出題された文章を引用しながら、自分の意見を組み立てる形式。文章を読む前に英作文の課題を見ておき、文章を読みながら引用すべき箇所、それに対する自分の意見を意識しておく必要がある。
アドバイス
過去の「てんさく部屋」受講者の答案によく見られる傾向は、3行以上にわたって長文問題から文章を引用することです。引用部分を多くすることで英語の運用ミスが少ない「安全」な答案になるかもしれませんが、お勧めできません。あまり多くの範囲を引用すると、自分の意見が少なくなるため、文章内容や構成面に対する点数が低くなる恐れがあります。引用する際には、3行以上の広い範囲でなく、1文、もしくは1文未満の核心部分に絞ることを心がけましょう。

自由英作文添削コース一覧&料金表

「自由英作文の書き方から始めたい」という人にお勧めの映像授業付き講座
基礎力養成講座(映像授業付)
100語×4講
添削回数:4回
料金:16,000円(税別)

自由英作の典型的な4パターンを中心に練習します。映像授業を見てパターン別の組み立て方を理解した後、添削課題(100語程度)に取り組みます。添削課題は全て、英日のダブル添削が行われます。説得力のある文章の書き方を習得するとともに、表現、英文法などに関する添削指導を受けます。
*推奨偏差値レベル:全国模試にて英語偏差値50以上

申込み講座

「過去問に取り組むので添削して欲しい」という人におすすめ!
志望大学別コース(ショート)
150語×4講
添削回数:4回
料金:18,000円(税別)

お持ちの過去問題集を使って、志望校の実際の過去問を解きます。ショートコースは、1回あたり150語以内(複数問提出の場合は2問まで)、4回で600語以内の問題練習量になります。
*推奨:受験予定大学の過去問題集(赤本など)を持っていること

申込み講座

「過去問に取り組むので添削して欲しい」という人におすすめ!
志望大学別コース(ロング)
300語×4講
添削回数:4回
料金:24,000円(税別)

お持ちの過去問題集を使って、志望校の実際の過去問を解きます。ロングコースは、1回あたり300語以内(複数問提出の場合は3問まで)、4回で1200語以内の問題練習量になります。
*推奨:受験予定大学の過去問題集(赤本など)を持っている

申込み講座

自由英作文添削コース一覧

コース名特色対象者
基礎力養成コース
(100語×4講)
*映像授業付
*冊子付
自由英作の典型的な4パターンを中心に練習します。映像授業を見てパターン別の組み立て方を理解した後、添削課題(100語程度)に取り組みます。
添削課題は全て、英日のダブル添削が行われます。説得力のある文章の書き方を習得するとともに、表現、英文法などに関する添削指導を受けます。
英語で短文なら書けるけど、まとまった文章を書くことは苦手という人にお勧め。
推奨偏差値レベル:全国模試にて英語偏差値50以上
志望大学別コース(ショート)
(150語×4講)
お持ちの過去問題集を使って、志望校の実際の過去問を解きます。ショートコースは、一回あたり150語以内、4講で600語以内の問題練習量になります。自由英作が出題される大学を受験予定の人全般におすすめ。受験予定大学の過去問題集(赤本など)を持っていることが前提。
志望大学別コース(ロング)
(300語×4講)
お持ちの過去問集を使って、志望校の実際の過去問を解きます。ロングコースは、1講あたり300語以内、4講で1200語以内の問題練習量になります。自由英作が出題される大学を受験予定の人全般におすすめ。受験予定大学の過去問題集(赤本など)を持っていることが前提。

料金表

コース名添削回数料金
【自由英作文】基礎力養成コース4回16,000円(税別)
【自由英作文】志望大学別コース(ショート)4回18,000円(税別)
【自由英作文】志望大学別コース(ロング)4回24,000円(税別)
複数コース受講で優待割引制度もあります!
 

自由英作文の添削サンプルはこちら
※本講座受講には、カメラ付き携帯電話もしくは、スキャナーが必要となります。
※二次試験直前は申込者が一定数に達した時点で応募を締め切らせていただきます。