英文解釈添削コース

contents

英文解釈問題(和訳問題)は多くの国公立大学で出題されます。
単語力だけでなく、文構造の理解、文脈理解など、様々なポイントが問題に埋め込まれています。

対策はどうすればいいのでしょう?英文解釈の学習のコツを3つご紹介します。

1.受験校と同等レベルの問題を選ぶこと
学習効果を最大限に引き出し、モチベーションを維持するには自分の志望校と同等レベルの問題に数多く取り組むことが得策です。

2.実際に和訳を書いてみること
授業を聞いて満足するのではなく、自分で問題に取り組み、実際に和訳を書いてみることが大切です。
そうすれば、「自分でできること」と「できないこと」が明確になります。そして「何をすればいいのか」が見えてくるのです。

3.続けること
効果を出すためには、少なくとも20問以上の和訳問題に取り組むことが必要です。そのためには、やはり続けることが重要なのです。

この3つのコツを踏まえて、てんさく部屋の英文解釈講座では、入試問題に埋め込まれたポイントを毎回3つ抽出して、映像授業にて解説しています。
映像授業受講後、添削課題に取り組み、答案を写真に撮って送りましょう。5日以内に添削コメントと予想点が返却されます。
答案の直すべきところはもちろん、良い所も指摘されます。やる気を保ちながら、無理なく学習を続けることができます。

>>添削の仕組みはこちら!

英文解釈添削コース一覧&料金表

国公立大学(難関大学を除く)を受験予定の人、和訳問題に苦手意識のある人におすすめ!
英文解釈添削コース1&2(映像授業付+教材冊子付)
添削問題×4講座
添削回数:4回
料金:14,000円(税別)

国公立大学(難関大学を除く)の入試問題から毎回3つのポイントを抽出。映像授業を受講して、全ポイントを理解した後に添削課題に取り組みます。
課題は毎回日本人講師によって添削されます。やる気を保ちながら、和訳のコツを無理なく習得できます。
※推奨偏差値レベル:全国模試にて英語偏差値55未満

申込み講座